高気密・高断熱・高耐震

安心・頑丈・健康で
かっこいい住まいを
実現します。

高気密・高断熱

冬のリビング、エアコンで暖かい室内も、
「何となく寒い」「足下が冷える」「廊下やトイレは寒い」と感じることはないでしょうか。
この温度差は、暮らしの快適性を損ねるだけではなく、ご家族の健康にも影響を及ぼします。
そんな、家の中の温度差を少なくするには、
住まいの気密・断熱性能を高めることが大切なのです。

高気密高断熱の家

目指すのは温度差のない室内環境

例えば冬のリビング、気密・断熱性にすぐれた家は、部屋の上下の温度差が少なく、「暖房が効いているのに足元が寒い」なんてことが無くなります。
気密性・断熱性が高い家では、吹き抜けや高い天井の部屋でも、暖房効率を心配する必要がありません。
例)冬のリビング、外気温0℃ 暖房設定温度20℃の事例で、数値を保証するものではありません。

高気密高断熱

井上住建はHEAT20 G1グレードを標準仕様にしています

井上住建の断熱性能UA値は0.46W/㎡K以下。0.46はG1グレードに相当し、標準仕様としています。
(UA値・Q値は、 建物の断熱性能を表す指標値です。どちらも値が小さい方が断熱性能が良い家となります。)
※UA値・Q値は、省エネ地域区分6地域の場合です。

室内環境の温度差をなくすこと

隙間をつくらずに外気温の影響を受けにくい室内環境に

SW工法のパネル

スーパーウォール<在来軸組工法>パネル

構造ボードに100mm厚の硬質ウレタンフォームの断熱構造を持つ、屋根・壁・基礎などそれぞれの機能をもつパネルで家をすっぽりを被います。

魔法瓶の家

SWの断熱材で魔法瓶効果

部屋間の温度差や上下の温度差が少ない、スーパーウォールの家の温熱環境は、建物全体を高性能断熱材で包み込んだ、気密性の高い、魔法瓶のような空間が生み出します。夏も冬も外気温に左右されにくい快適な室内環境を実現できる理由は、高い気密・断熱性にあるのです。

高断熱施工

パネル施工

施工のようす「小屋パネル」を天井部に設置しています。